fc2ブログ

まさかの安倍傀儡内閣誕生で日本沈没は不可避となる 

2021年10月3日

 


 

前回本ブログでは河野新総裁を予測したが,岸田が党内選挙で勝利し,4日に岸田自公政権が誕生することになりそうである。

 

主要野党からすると,私の予測は非常にいい意味で外れたと言ってよいだろう。

 

前回書いたように,河野はしょせん総理の器ではない。

 

だが,本ブログが何と言おうが,国民的人気が高い河野政権が相手では野党にとって分が悪い。

 

その河野が党内選挙でフロントから退き,代わって醜聞まみれの安倍晋三が前面に出てきたのだから,主要野党は笑いが止まらないのではないか。

 

岸田の総裁選勝利は,安倍の策略によって実現した。

 

高市支援で党員票を分散させる→決選投票で岸田に投票するようにとチルドレンらを恫喝→恫喝された議員らは岸田に票を投じる→岸田が勝つ,と。

 

安倍のシナリオは今回に限っていえばその通りに実現したといえるだろう。

 

安倍という男は,かつて元暴力団員や土地ブローカーらを使って選挙妨害工作を企図したこともある極道野郎である,チルドレンらへの恫喝など朝飯前だったに違いない。

 

情けないのは,そのような安倍に唯々諾々と従ったチルドレンらである。

 

今回の過剰な自民総裁選報道に多少でも意義があったとすれば,衆院選で自分が生き残ることしか考えていないチルドレン議員の醜悪な存在が露にされたことだろうか。

 

国民ではなく自分の利益しか考えていない有害無益な安倍とその一味の存在を報道で知ることができたのは唯一の収穫である。


彼らに国民の代表者と名乗る資格はない。国民は,次の衆院選で彼らに1票たりとも投じてはならない。

 

無論,岸田にもである。識者の中には,岸田の「新自由主義からの転換」なるスローガンを真に受けて好評価している者もいるが,

 

岸田は,周知のように安倍傀儡で,かつ,対米隷属路線主義者である。そのような岸田にドラスティックな政策転換などできるはずがないだろう。

 

そもそも「新自由主義からの転換」なるもののスローガン自体がフェイクである。

 

岩盤の自民党支持層に頼るしかない岸田は,総裁選でさまざまな政策項目を掲げていたが,とどのつまり,建設業,農業分野へのバラまきを公言していただけであった。

 

考えたくはないが,岸田自公政権が衆院選で勝利を収めた場合,安倍の支配下に置かれた岸田の経済政策は,アベノミクスと変わり映えしないものとなるだろう。

 

7年8ヶ月に及んだ安倍政権は,労働者にとって地獄だった。2012年から2020年までの労働者一人当たりの実質賃金は5.6パーセント減少してしまった。

 

この間に先進国の中で実質賃金が上がっていないのは日本ぐらいだということを知っておく必要がある。

 

この間たまたま原油が安くなったから物価上昇が抑えられたが,仮に原油高になっていたら大多数国民の生活はさらにかなり苦しくなっていたものと思われる。

 

日本経済は,世界,中でも米国の経済事情に大きく依拠する。イエレン財務長官が米国のデフォルトの危険性を指摘しているが,土壇場になれば何だかんだで最悪の危機は回避されるのではないかと思われる。

 

だが,だとえ回避されたとしても米国財政はその後も厳しい事情が続くことになる。そうなれば,バイデンの経済政策も大きく変わってくる可能性がある。

 

バイデンの貿易政策は,トランプ時代を引き継いだような保護主義路線を踏襲している。

 

バイデンは大統領就任以来,クリントン,オバマのグローバル政策路線を継承していない。

 

たとえば,半導体などの特定の製品を生産する産業を米国内で再建する計画をバイデン政権は立案している。

 

だが,こうした保護主義的な政策は,原材料と部品の争奪戦を激化させる危険性があるし,生産能力をさらに特定の国に集中させ,相互支援システムを弱体化させることにもなる。

 

要はバランスの問題だが,バイデンが4年後の選挙に備えて,(おそらく)トランプ共和党候補との差別化を図るべく,現状の貿易政策の転換を図る可能性はある。

 

また,FRBのパウエル議長が年内の債券購入のテーパリング(段階的縮小)開始を表明しており,このことは良くも悪くも日本に多大な影響を及ぼすことになる。

 

恐ろしいのは,こうした経済政策の変化をきっかけに,円が売られて円安インフレになることである。

 

そうなった場合に,国債を山ほど買い込んでしまっている日銀は,インフレ抑圧に対応できなくなることは火を見るより明らかである。

 

そうなれば,円が暴落し,物価は高騰し,国債の買い手もつかなくなってしまう。

 

アベノミクスの負の遺産を背負い込んだ岸田が苦境を打開していくには,安倍を視界から断ち切って,己の考えを実行していく以外に方法はないものと思われる。

 

だが,それは繰り返すように,安倍と既得権益層に実効支配されている岸田には不可能なのである。

 

党役員,官邸官僚,4日に発表される閣僚の面子から,国民は岸田という政治家の醜悪な正体を早くも知ることができるだろう。




 

スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment