FC2ブログ

トランプのツィートで安倍政権は次の国政選挙で倒れる 

2019年5月26日

 


 

昼間のゴルフで疲れたのか,大相撲千秋楽の観戦に訪れたトランプは,どこか元気がないように見えた。

 

野次や座布団が飛んでくることを警戒して緊張していたわけではないと思うが,硬い表情の理由は,ゴルフ後に発信したツィートを後悔していたからではないか。

 

あのツィートは今後大きな問題になるだろう。内容自体はトランプ,米国にとって大したものではないが,安倍政権にとっては爆弾である。

 

問題のツィートは次の通り。

 

「日本との貿易交渉で大きな進展があった。農産品と牛肉だ。7月の選挙の後に大きな数字を期待している」

である。

 

原文は次の通り

 

Great progress being made in our Trade Negotiations with Japan.  Agriculture and beef heavily in Play.

Much will wait until after their July election where I anticipate big numbers!

 

25日,茂木経済再生相は,ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表との協議終了後の記者会見で,農産品での要求に関する議論はなかったと明言していたが,ウソがばれてしまった。

 

茂木の言い分が事実なら,そもそもライトハイザーほどの閣僚が日米首脳会談前にノコノコ日本に来るわけがない。2時間半も茂木と茶飲み話をするために来たわけではないだろう。

 

協議後の茂木が記者に饒舌だったのとは対照的に,ライトハイザーは記者団からの質問に全く答えなかったことが逆に真実を物語っているといえる。

 

つまり,貿易関係の話は,トランプの意向どおりにほぼ決着がついているということである。


トランプは,安倍氏とのゴルフ中に,結論の確認をしたということである。おそらく1分もかからなかっただろう。それをツィートしたということである。

 

24日には,安倍氏は,ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)と約45分間、会談している。

 

軍産複合体の代理人であるボルトンとトランプの思惑は,現状,完全に一致しているとは思えない。

 

ボルトンの言い分よりも,安倍氏はトランプの意向に従うと思われるが,今回の首脳会談で,安倍氏は,日朝首脳会談実現に向けた仲介役をトランプに頼み込むだろう。

 

問題はイランである。強硬派のボルトンに対して,トランプはそうでもない。スイスにホットラインを設置しているぐらいだから,現状,トランプは、イランを叩くことににそれほど情熱を燃やしているとは思えない。

 

そうだとしたら,安倍氏,親イランの日本にとってはありがたいことである。

 

いずれにせよ,今,トランプの最大の関心事は,ツィートの通り,農産物の関税である。イランでも北朝鮮問題でもない。

 

この点について,トランプ側から見て,「大きな進展があった」というのだから,すでに決着済みである可能性が高い。

 

首脳会談後の共同声明を出さないことが日米両政府の話し合いで決まっているという。


つまり,7月の選挙後まで,貿易交渉の中身について,日本国民は全く知る由はないということになる。

 

こんなバカな話はないだろう。今回の会談の内容は,明らかに参院選の争点になる。貿易問題がどのように米国にとって「進展」ないし決着したのか,

 

その全容を示して,選挙で国民の審判を仰ぐ必要がある。

 

仮に明らかにできない,というのであれば,これだけで内閣不信任に値する問題である、

 

不信任決議案提出のタイミングは枝野代表が言うように難しいが,農産物の問題で日本が大幅譲歩している(した)ことは間違いない。


その内容が明らかになれば,地方の農業票が反安倍内閣に回ることは必至となる。そのときこそ不信任決議案提出の絶好のタイミングであるともいえる。







スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment