FC2ブログ

旧民主党政権が「悪夢」なら安倍政権は「地獄」 

2019年5月23日

 


 

 

5月21日放送のNHKのクローズアップ現代では,認知症気味の女性の高齢者が万引きを繰り返して刑務所にお世話になっている事例を紹介していた。

 

出先で途中まで観ていたが,興味深い内容だった。

 

軽度の認知症発症者なら,万引きが犯罪であることはわかっているはずである。それなのに,何故彼女は行為に及んでしまうのか。

 

治癒不能の衝動的な悪癖というだけではない。加齢も相俟って,認知症の進行で善悪の判断能力が低下していることも大きな原因ではないかと思う。

 

田原総一郎と佐高信の共著「黒幕の戦後史」で,田原が冒頭で,安倍政治はめちゃくちゃだ,と語っているが,そんなことは今更,電波芸者,提灯持ちの老害田原に言われるまでもない。

 

この6年半もの間,安倍,菅,麻生,二階らの一味らがやってきた(やっている)ことは,本能むきだしの自己保存欲求行動である。彼らには多数国民の幸福を実現しようなどという理性的な思考能力は備わっていない。

 

すべての行動基準は,カネになるか,自分を守れるか,にある。事実,彼らの善悪の基準は,すべてその文脈で客観的に理解可能である。

 

ゆえに,彼らの本性は,ある意味,認知症患者と変わらないと言い換えることもできる。

 

21日,安倍氏は,自民党細田派のパーティーで,「悪夢のような民主党政権の時代に戻るわけにはいかない」と述べたが,彼が旧民主党政権を「悪夢」と表現したのは,メディア情報だけでも3度目となる。

 

よほどこのフレーズが気に入ったということか。この男は基本的に語彙貧困なので,参院選まで,あと10回以上はこの言い回しを方々で用いることは間違いない。

 

だが,国民は,安倍政権がこれ以上続くことが真の「悪夢」であることを認識しておく必要がある。

 

安倍政権下のGDP成長率は,「悪夢」のはずの旧民主党政権下よりも下回っている。統計をねつ造してこの有様という事実を国民はまず直視する必要がある。

 

さらに,安倍政権下の労働者の実質賃金は,「悪夢」のはずの旧民主党政権下よりも減少している。これがアベノミクスの真実,結果なのである。

 

それなのに,「日本経済は,いざなぎ越えを果たした」などと公言していたのだから,もはや認知症のレベルではない。重度の精神病患者である。

 

歴史をねつ造し,自分が犯した疑惑事件を隠すために公文書をねつ造し,国家統計をねつ造し,行政プロセスをも捻じ曲げた。

 

「拉致の安倍」を謳っておいて,6年半無為無策,挙句の果てには米国頼み,豪雨災害時には,報告を受けているのにゴルフ,酒盛に興じる始末。

 

学生時代から今日に至るまで,憲法を勉強してきたことがない,憲法を知らない人間が憲法改正をライフワークにしているのだから,


もはや認知症を超えて狂気のレベルに到達していると言っても過言ではない。。

 

1999年には,暴力団員に選挙妨害工作を依頼した疑惑がもたれているが,ジャーナリストの山岡俊介氏の調査記事を読む限り,事実であることに疑いの余地はない。

 

シリアで武装勢力に3年半拘束されて,昨年10月に解放されたジャーナリストの安田純平氏は,日刊ゲンダイのインタビューの中で,

 

日本に戻って何に驚いたかといえば,これだけ疑惑がありながら安倍政権が倒れていないことだと語っていたが,これがまともな人間の感覚である。

 

全ての日本人が正気を取り戻して,次の国政選挙で「地獄」の安倍政権に見切りをつけなければならない。








スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment