FC2ブログ

安倍無能政権のせいで日本だけがますます蚊帳の外という現実  

2019年3月3日

 


 

2月27,28日に,ベトナムのハノイで行われた第2回米朝首脳会談は予想通りの結果に終わったが,どうも釈然としない。

 

日本の専門家や識者のほとんどは,米国の言い分,すなわち,北朝鮮側が経済制裁の全面解除に拘泥したから交渉が決裂したという言い分に懐疑的な見方を示しているが,この点に関しては当ブログも同意見である。

 

ただし,全面解除と部分解除の解釈に両国間の相違があったのでは,との決裂理由を憶測する意見については反対したい。加えて,ボルトン黒幕説にも反対である。

 

結論から言えば,今回の会談で,トランプ・金正恩間に,別の意味で,会談前にトランプがメディアに向けて主張していた「取引」が成立していた可能性があることを指摘したい。

 

そもそも今回の首脳会談が行われるまでに,両国間で水面下の実務者協議を何度も行っているのだから,それなりの言い分をお互いに事前把握していたはずである。

 

それを,会談本番になって,全面解除か部分解除かの解釈の違いだけで破談したというのは,決裂の理由としては単純すぎやしないか。

 

それに,強硬派のボルトンが出てくれば,まとまる話もまとまらなくなることはトランプも承知していたはずである。なのに,なぜこの戦争大好きのネオコンをわざわざ出席させて会合をぶち壊すようなことをやったのかを考える必要もある。

 

思うに,トランプは始めからこの会談で何も合意する気などなかったのではないか。

 

CNNによると,トランプは帰国後の3月2日に,保守政治行動会議(CPAC)に出席し,ロシア疑惑を捜査しているマラー特別検察官らをこき下ろしていたという。

 

それも2時間,ほとんど原稿なしで演説していたというのだから,彼が如何にこの問題について神経を尖らせているかを窺い知ることができよう。


つまり,今の彼は,ロシア疑惑から逃れるために,メディアや国民の目を欺くための目くらましにあらゆる問題を利用しているといえる。

 

事実,第2回米朝会談前にトランプは,北朝鮮との会談を今後も重ねていくことを強調していたが,これなどは今回の会談で話をまとめる気などなかったと白状していたようなものである。

 

国境の壁建設問題もあえて長引かせているが,ロシア疑惑が沈静化するまで,これら諸々の問題を長期化させてそれらに注意を向けさせておくという狙いがあるのではとの憶測を否定できない。

 

交渉長期化による北朝鮮側のメリットについては,米国が,中国とロシアによる直接・間接の北朝鮮アシストを不作為で傍観することが考えられる。

 

ロシアは国内経済が停滞しているので,支援にも限界があるだろう。そうなると,当面支援の中心は必然的に中国になる。

 

トランプが会談前に述べていた「取引を成立させる」との言葉は,このことを意味していたのではないか。

 

会談翌日の3月1日,トランプ政権は,ベネズエラ軍の幹部6人への経済制裁を発表している。この経済制裁によって、米国内の資産が凍結され、米国との金融取引も処罰の対象となる。さらに米国務省は、ベネズエラ当局者とその家族計49人のビザを無効にしたことも明らかにした。

 

米国は,ベネズエラには厳しい経済的圧力を日々加えているが,北朝鮮にはそこまで厳しくない。つまり,そういうことだ。

 

今回の会談は八百長だったということである。会談後の金正恩の不機嫌な態度は,逆に不自然さを感じさせた。

 

ちなみに,米国の属国である日本は,毎度のことだが,不自然なまでに米国に追従している。

 

2月28日,安倍総理は,「(トランプ大統領の)次は『私自身がキム・ジョンウン委員長と向きあわなければいけない』と決意している。今後とも拉致問題、核問題、そしてミサイル問題の解決に向けて、日米でしっかりと緊密に連携していきたい」と記者団に述べている。

 

その翌日の1日,河野外相は,ポンペオと電話会談し、ポンペオの「北朝鮮は全面制裁解除要求をしてきたので受け入れられなかった」との説明に対して,「納得がいく説明だ」と答えている。

 

その上で,「非核化が完了するまで、すべての制裁の解除はないというのが日米の共通の考え方だ」とも述べている。つまり,日本は一部制裁解除も認めないと言っているのである。

 

金正恩がこれらの言葉を聞いてどう思うかということを安倍や河野は考えないのだろうか。こんな調子で,どうして金正恩がまともに向き合ってくれるなどと思えるのか。その感性には,今更だが不思議で仕方がない。

 

これまでも何度か書いてきたが,このような安倍政権下では北朝鮮とはもちろん,中韓露とも,関係を改善していくのは100パーセント不可能である。


安倍氏は無駄な努力をやめて一刻も早く下野し,次期政権に関係修復を委ねるべきなのである。





 

スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment