FC2ブログ

Archive: 2018年07月  1/1

ウソまみれの翁長知事は猿芝居をやめて即刻辞職→療養に専念すべし

No image

平成30年7月29日         7月27日,沖縄の翁長知事は,仲井前知事による埋め立て承認を撤回することを公表した。   この茶番は,2014年12月に就任して以来,猿芝居を演じてきた翁長氏の集大成だ。   国(安倍政権)は,法廷闘争で対抗し,そして間違いなく勝つ。最終裁判で沖縄が必ず負けるように,これまで翁長氏がアシストしてきたからである。 &n...

  •  0
  •  0

現政権のメンツに教育を語る資格のある者はいない

No image

平成30年7月26日     23日月曜あたりに食中毒にかかったようで,昨日まで体調が優れず,仕事はもちろん日常生活もままならなかった。   今日になって,こうしてブログを書けるぐらいまでに回復したが,これまでの人生で経験したことのない食中毒で倒れたのはショックだった。暑さ対策として,熱中症と水分不足ばかりに気を配っていたのだが,食べ物には無防備だった。今回のダウンは誰の責任...

  •  0
  •  0

次の国政選挙の結果を受けて安倍内閣は間違いなく終わる

No image

平成30年7月22日     サッカーワールドカップが幕を閉じたが,ロシアは今回の大会に1兆5千億円にも及ぶ費用を支出している。   プーチンは適正な金額だと述べているが,仮に彼の言葉が真実だとすれば,出場国が32カ国から48カ国に拡大される2026年大会は,単純計算で2兆円超かかってもおかしくない。   2026年大会からは,複数国による共同開催になるので,1国...

  •  0
  •  0

カジノ法案成立は安倍晋三氏にとって核心的利益である

No image

平成30年7月17日       昨日,セブンイレブンに立ち寄った際に,「マンガで一気に読める! 日本史」(金谷俊一郎 監修,かみゆ歴史編集部)というタイトルの本が目に入ったので,興味深々で購入して読んだのだが,   案の定,戦後史は大いに不満が残る内容であった。   マンガ本で,コンビニに置かれているぐらいだから,購入者ターゲットは,歴史の学習に熱心な高校生・...

  •  0
  •  0

米国の要請を受けて日本が海外で戦争する日は遠くない

No image

平成30年7月14日   今年の5月8日,米国は核合意からの離脱を宣言した。   さらに米国政府は,イランから石油を輸入した国に制裁を科すと表明した。   これに対して,イランは,仮に世界各国が米国の呼び掛けに応じるならば、ホルムズ海峡の封鎖に踏み切ると警告している。   まさかイランがそれを実行するとは思わないが,もしそうなれば,世界戦争になるかどうかはともかく,...

  •  0
  •  0

野党の立場で安倍氏の選挙妨害事件疑惑問題提起のタイミングを考える

No image

平成30年7月12日     7月9日付日刊ゲンダイDIGITALの,「西日本豪雨被害拡大 政府はこの間、何をやっていたのか」を読んでいて思わず苦笑いしてしまった。   8日付の当ブログと内容,構成が酷似していることから,当ブログを読んだ知人から,日刊ゲンダイをパクったのかと揶揄されたのだが,もちろんパクってはいない。   アップした当時,私はゲンダイの記事を全く...

  •  0
  •  0

安倍総理と西日本豪雨被害と死刑制度について考える

No image

平成30年7月8日     7月5日ごろから,西日本が記録的な豪雨に見舞われている。   7日になると,多数の死傷者,安否各地の砂崩れや河川の氾濫による被害が拡大していることが伝えられた。   7日の時点で,すでに41人の死亡が伝えられた。また,約85万世帯の約193万人に避難指示が出され、4万2000人が避難所に身を寄せた。加えて,多数の安否不明者の行方が懸念さ...

  •  0
  •  0

ウソだらけの腐敗総理大臣の外遊を許すな

No image

平成30年7月5日     安倍首相は,ベルギー代表と戦ったサッカー日本代表について,   「最後まで全力を尽くし、たくさんの感動を与えてくれたサッカー日本代表の皆さんに、心から感謝します。毎日がわくわくで、夢のような2週間をありがとう!」とツイートしている。   だが,彼は試合を観ないでウソをついていると断言したい。ベルギー戦は,7月3日の日本時間午前3時開始で...

  •  0
  •  0

サッカーも国会も国民は情報操作に惑わされるな

No image

平成30年7月1日         サッカーワールドカップの日本代表が,グループリーグ第3戦のポーランド戦で,試合終盤にパス回しで時間を稼いだことが世界的に物議をかもした。   日本国内では,当初批判的だった識者やメディアが時の経過とともに鳴りを潜め,翌々日になると,テレビでは,擁護派の意見ばかりが取り上げられた。   大手サイトのヤフーのトップニュー...

  •  0
  •  0