FC2ブログ

Archive: 2018年03月  1/1

安倍総理が考えそうな衆院解散の口実を予測する

No image

平成30年3月29日     27日の佐川証言を受けて,翌日28日,安倍総理は国会で,「あとは国民の皆様がご判断いただくことだと思う」と語った。   これは,言い換えると,「今後の内閣支持率の推移を見守りたい」ということである。   各メディアの内閣支持率は,現在30パーセント前半だが,安倍総理の逃げ切り作戦シーズン1はこうなる。   4月中は得意の逃亡外...

  •  0
  •  0

これでは佐川を追い詰められるわけがない

No image

平成30年3月27日       27日,国会での佐川答弁の要旨は   官邸の指示,圧力はなかった   改ざんは理財局の独断でやったことである   改ざん経緯については刑事訴追の恐れを理由に証言拒否する   だった。   佐川答弁の内容は,当ブログの予測通りだった。   私が佐川答弁を以上のように予測した理由は,次の2点だった...

  •  0
  •  0

特捜部は安倍昭恵逮捕を念頭に事情聴取を行う必要がある

No image

平成30年3月26日   暴力団対策法9条には,次のことが書かれている。(以下,筆者要約)   第九条 指定暴力団等の暴力団員は、その者の所属する指定暴力団等の威力を示して次に掲げる行為をしてはならない。   二十六号 国等に対し、その者が拒絶しているにもかかわらず自己若しくは自己の関係者を当該国等が行う売買等の契約の相手方とすることを要求すること   これを森...

  •  0
  •  0

安倍総理が森友疑獄から逃げ切れる可能性も排除できない

No image

平成30年3月23日       27日に証人喚問が予定されている佐川宣寿氏が,刑事訴追の恐れを言い訳にして答弁をはぐらかすのではないかとの観測が流布されている。   それは十分ありうるだろう。だが,彼への質問のすべてが,彼自身の刑事訴追に関わってくる事柄ではないので,この見方には賛成できない。   たとえば,「文書改ざんは官邸の指示によるものか」との質問は...

  •  0
  •  0

ロシアの病原菌に日本が侵食される可能性はある

No image

平成30年3月22日  英国で元ロシア人スパイとその娘が襲撃されて重体に陥っている事件について, ロシアのプーチン大統領が関与を否定した。 私も今回の事件に限って言えば,ロシア政府関与説は西側のでっち上げだと考えている, 理由については,3月19日の当ブログをご覧いただきたくとして,今日書きたいのは,事件へのロシア関与の有無ではなく,細菌に関わることについてである。これは日本に...

  •  0
  •  0

佐川氏の国会答弁の内容を予測する。

No image

平成30年3月20日       森友問題に関わった者,真実を知りうる者は三種類に分けられる。   ① 約9割引の国有地売却に関わった者または関わっていはいないが,値引きの根拠を知っている者   ② 文書改ざんに直接間接に関わった者または関わってはいないが真相を知りうる者   ③ 上記①,②のいずれにも関わっている者または関わってはいないが真相を知りうる...

  •  0
  •  0

元スパイとその娘への攻撃は謀略の可能性が高い

No image

平成30年3月18日       ロシアの元スパイとその娘が英国で襲われ,意識不明の重体に陥っている。   3月4日の事件当時,フェンタニルと呼ばれる薬物が使用されたのではないかと海外メディアが伝えていたので,(たとえば,7日付のニューズウィークなど),9日付の当ブログでも,その情報に拠っていた。だが,現在では神経剤が投与されたという見方が一般的なので,訂正させていた...

  •  0
  •  0

来週の森友疑獄の展開を予測する

No image

平成30年3月16日       文書の改ざんがあったことは,政府も財務省もすでに認めている。よって,この点は事実として争いがない。   争点となるのは,この改ざん行為が安倍総理の指示によるものなのか,それとも,財務省の独断によるものなのかである。   麻生財務大臣は,理財局長だった佐川宣寿が,自身の国会答弁との整合性を取るために改ざんを指示したと説明し...

  •  0
  •  0

ティラーソン解任で第5次中東戦争が現実味を帯びてきた

No image

平成30年3月14日     3月13日、トランプ大統領がティラーソン国務長官を解任した。   両者の関係は昨年末から悪化していたので,解任は別段驚くべき出来事ではないだろう。   問題は 彼を解任した本当の理由と なぜこのタイミングか である。   これから様々な有識者が様々なことを述べると思われるが,当ブログではいち早くこの問題に言及したいと思う...

  •  0
  •  0

野党が安倍総理の首をねらうならこの方法が一番簡単だ

No image

平成30年3月12日       先月2月3日,安倍昭恵は,福岡県田川市のNPO法人を訪れた際に,一連の森友疑獄について、「私が真実を知りたいって、本当に思います。何にも関わっていないんです」と語っていた。   ところが,3月12日,財務省は,元の決裁文書から安倍昭恵や学園側との価格交渉に関する記述が削除された事実を調査報告書の中で明らかにした。   昨年2...

  •  0
  •  0

あえて3.11ではなく米国の貿易戦争布告のイカサマについて考える

No image

平成30年3月11日   東日本大震災から7年がたち,復興がどれほど進んでいるかは今の日本が抱える大きな問題のひとつである。   私は被災地出身なので,この問題には大きな関心があるが,それは後日のテーマに譲るとして,今日はあえて米国発の国際問題について語りたい。   8日,トランプ大統領は,鉄鋼とアルミニウムにそれぞれ25%と10%の輸入関税を課す文書に署名した。  ...

  •  0
  •  0

また死者を出した森友疑獄の今後の展望を概観する

No image

平成30年3月10日   平成30年2月12日の当ブログタイトル「森友交渉記録300ページは偽造・創作文書ではないのか」で,私は,交渉記録は偽造改ざんされたものである可能性が高いことを指摘していた。   理由の詳細については,過去の当ブログをご覧いただきたいのだが,要点を言うと,たいした問題とは思えない(と,私は当初考えていた)森友問題について,なぜか安倍総理がおびえており,嘘...

  •  0
  •  0

野党にお勧めする民間スパイ会社の第1候補はここだ

No image

平成30年3月8日   ロシアの元スパイとその娘が英国で不審死を遂げたと海外主要メディアが伝えている。 フェンタニルと呼ばれる薬物を投入されて殺害されたようである。この薬物は,ヘロインの50倍以上の中毒性を持つ麻薬である。 英国に寝返った事実がロシア政府の知るところとなってしまったらしい。それゆえ,ロシア政府が雇ったヒットマンに殺されたとの見方が今のところ有力である。 3月7...

  •  0
  •  0

リニア談合はやはり私の予測通りになっている

No image

平成30年3月7日     3月2日、リニア談合事件で、大成の元常務・現顧問と鹿島の元土木営業本部副本部長が逮捕されたが,事件の核心はもちろんそこではない。   核心は,安倍総理の談合事件への関与の有無にある。   ところで,3月4日の東京新聞によると,東京地検特捜部などが押収していた受注予定企業の複数の一覧表は、JR東海側が工事を発注する前に原案を作成していたよ...

  •  0
  •  0

真実は事実の積み重ねから悟るべきである

No image

平成30年3月4日     真実,真相は,幾多の客観的事実を分析することによって見極めることができる。   田村淳という芸能人が「法律を学びたい」との思いから,大学の一般入試合格を目指したが不合格だったとメディアが伝えている。   受験は冷やかしではなく,真剣だったと彼は言っているようである。   だが,(1)偏差値32を自覚しながら,わずか100日間しか...

  •  0
  •  0

私の予測通りやはり森友文書は偽造改ざんされていたか

No image

平成30年3月3日   森友学園への国有地売却に関する決裁文書を財務省が偽造した疑惑が浮上しているが,私の予測通りだった。   識者の中には,ショッキングな出来事として論評しているものが多いが,見立てが甘すぎて話にならない。   今回ばれたのは決済文書だが,詳細な交渉記録文書300ページの大半は偽造改ざんであろう。   要はばれるかばれないかの問題にすぎない。今...

  •  0
  •  0

すべては憲法改正のための悪だくみにすぎない

No image

平成30年3月2日     今年の安倍総理の行動基準はただひとつ,信念(が彼にあるかどうかは疑わしいが)を曲げてでも,憲法改正のために妥協できるところは妥協し,無駄に支持率を下げないこと,である。   ちなみに今年のトランプ大統領の行動基準はただひとつ,それをやることが中間選挙勝利にとってプラスかマイナスか、である。プラスになると思えばそれをやるし,ならなければやらないと...

  •  0
  •  0