FC2ブログ

Archive: 2018年01月  1/1

あの程度の野党質問なら私にでもできる

No image

平成30年1月31日     昨日、今日と衆院予算委員会の質疑応答を見ていたが,とにかくイライラさせられた。   野党の質問に対して,安倍総理が「雑誌記事を元に質問するな」旨答弁したが,まさにその通りだ。あの程度の追及なら,私にでもできる。いや,私の方が野党議員よりも,多くの雑誌や新聞を読み回して知識がある分,的確な質問をすることができると思う。   「もり、かけ...

  •  0
  •  0

日本人は他人の人生の価値観をとやかく言える立場にいるのか

No image

平成30年1月29日     29日午後10時10分ごろ、北朝鮮側が韓国側に、南北合同文化行事を中止する旨の通知文を送ったと韓国メディアが伝えている。   22日に韓国市民の集会で,金正恩の顔写真が燃やされたとの大々的な報道を受けて,北朝鮮側が抗議の意味を込めて決断を下したものと思われる。   ただ,女子アイスホッケーの合同チームは訪韓してすでに練習を行っており,2月8...

  •  0
  •  0

米国を操る影の支配者の本音はどこにあるのか

No image

平成30年1月28日     25日,米国の影の支配者と言われるキッシンジャー元国務長官が,米国上院の公聴会で次のように語ったと日本語版AFP通信が報じている。   「北朝鮮が世界の安全保障に対する最も差し迫った脅威で、同国の非核化が米外交政策の「欠かせない」達成目標である」と。   この「欠かせない」という日本語訳は気になる。発言が「Core interests」,すなわち,「核...

  •  0
  •  0

野中広務氏のような経歴の政治家はもういない

No image

平成30年1月27日     26日,野中広務氏が死去しました。ご生前のご功績を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。   野中氏について私が最初に興味を持ったのは,2010年に彼が小渕恵三政権で官房長官に就任した当時の出来事である。当時,自民党は参議院で過半数に満たなかった。   そこで,「悪魔」とまで呼んでいた自由党の小沢氏に頭を下げて,野中氏曰く,「悪魔にひ...

  •  0
  •  0

財政再建のために法人税減税という狂気のアベノミクス

No image

平成30年1月24日  たとえば,ABCDという4人の国民がいて,Aの年収が1千万円,BCDが各々200万円ずつだとする。 このときに,4人の平均年収は400万円だと言ったところで,日本全体の賃金実態を正確に表している数字だとは誰も思わない。この場合,平均値に何の意味もないことは明らかである。 22日の安倍総理の施政方針演説が昨年と違う点は,アベノミクスに対する自画自賛が減ったことで...

  •  0
  •  0

わずかな雪でも機能不全に陥る日本の首都の現実

No image

平成30年1月23日       22日夕方,東京で雪が降り始めたが,深夜0時ごろには早くも止んだ。関東地方全体の雪も同時刻ごろピークが過ぎた。ただし,東北地方,北海道は,今後も引き続き警戒が必要であるとのことである。   私は現在,東京に在住しているが,2,3日ほど前から大雪が降るであろうとの観測はすでに示されていた。   それを知ってはいたが,雪が降り出...

  •  0
  •  0

リニア談合疑惑への安倍総理関与をメディアは追及せよ

No image

平成30年1月22日  助成金詐欺事件を起こしている「ぺジーコンピユーティング」社が,架空計上の手口で脱税したことが発覚して捜査を受けていると伝えられている。   脱税の話は置いておくが,助成金詐欺には,またしても安倍政権の関与が疑われている,ただし,リニア談合とは主要キャストがやや異なる。   安倍総理はおそらく主役だが,脇役にはレイプ疑惑の官邸御用ジャーナリスト山口敬之や...

  •  0
  •  0

マスメディアは小室哲哉氏ではなく安倍総理を追い込んだらどうだ

No image

平成30年1月20日     リニア談合疑惑をめぐって,鹿島建設,大成建設,清水建設が「談合にあたる不正はない」として,課徴金減免制度に基づく違反の自主申告をしない方針であるとの報道がなされている。   「リニア工事の案件に限っていえば」他社との受注調整が本当になかったということなのか,それとも受注調整はあったが,落札結果が事前の調整内容とは反した結果になったため,残され...

  •  0
  •  0

有識者も簡単にだます安倍官邸の巧妙さ

No image

平成30年1月18日     16日,河野太郎外相は,カナダで行った外相会合での演説で,「北朝鮮は,韓国との対話で時間稼ぎをしている」と非難したという。   だが,「時間稼ぎ」はお互い様である。安倍総理は,昨年,「森友・加計問題」について丁寧に説明すると約束していた。また,安倍氏には,他の疑惑も取りざたされているのは周知の通りである。   だとしたら,目的あいまい...

  •  0
  •  0

国会議員が「好き」「嫌い」の感情で徒党を組んでどうする

No image

平成30年1月16日       民進と希望の統一会派結成の動きについて,自民党の二階幹事長が,「当然その方がいい。今後ともしっかりやってくださいよ」と余裕のコメントを残している。   自民からすればそういうことになるだろう。野党が内部でガタガタ騒いで混乱すればするほど,それに比例して自公政権が磐石になっていくからである。   改めて思うのだが,元はと言えば...

  •  0
  •  0

尖閣諸島領土問題と沖縄基地問題の根っこは同じである

No image

平成30年1月15日       10日から11日にかけて、尖閣諸島沖の接続水域内に中国公船が数回出入りをしていたとの報道がなされている。   私は年頭のブログで,日中関係はきわめて重要なので良好な関係を築いていくべきだが,尖閣領土問題は,中国の核心的利益なので,今後も定期的に挑発してくるだろう,と書いた。また,向こうが挑発してきても,適当にあしらって抗議を繰り返し...

  •  0
  •  0

希望・民進の統一会派結成は立憲民主党にとっては朗報である

No image

平成30年1月14日   14日,麻生太郎が福岡県飯塚市の講演で,「連合は選挙では民進党を支援するのに,陳情は自民党に来る。あほらしく,おかしな話」旨の意見を述べたと伝えられている。   だが,連合の立場に立って考えてみればやむをえないことではある。連合を「あほらしい」行動に走らせているのは,「民進党に陳情に行っても,どうせ何も変えてくれないだろう」という同党に対する不信感から...

  •  0
  •  0

北朝鮮情勢を理由に安倍総理の外遊を許してはならない

No image

平成30年1月13日       一部識者が強く主張している米朝の「4月開戦説」(最近はオリンピック後の3月下旬説を唱える者もいる)はどこから出てきているのか。   最大の根拠は,作家の麻生幾氏が文芸春秋に寄せた記事の内容にあるものと思われる。それによると,昨年5月末,米国政府は北朝鮮に核開発を止めるよう警告し,従わなければ,軍事力を行使する旨の文書を送ったとされてい...

  •  0
  •  0

安倍政権に相手の約束違反を責める資格はない

No image

平成30年1月12日     10日,韓国政府が2015年の慰安婦問題に関する日韓合意についての新方針を打ち出し,「心からの謝罪」を日本政府に求めた。   これに対して,安倍総理は12日,「日韓合意は国と国との約束であり,これを守るのは国際的かつ普遍的な原則だ」「日本側は、約束したことは全て誠意を持って実行している。韓国側にも実行を強く求め続けたい」と述べて,合意見直しに...

  •  0
  •  0

今月中に民進党の解党的判断が明確になると予測する

No image

平成30年1月10日         7日,NHKの番組で,民進の大塚代表は「私たちは3党での結成をぎりぎりまで追求する」と述べ,希望の玉木代表も,「与党と対峙するにはできるだけ力を合わせていくことが不可欠だ」旨述べて,両党代表は統一会派に前向きな態度を示した。   その希望の党は9日の役員会で、安保法制容認の立場を示したという。   これに対して民進...

  •  0
  •  0

三橋貴明氏逮捕報道からわかった犯罪報道の真実

No image

平成30年1月9日     妻への暴行容疑で逮捕された経済評論家の三橋貴明氏が,身柄が解放された8日当日,早速ブログで件について語っている。   三橋が述べているように,暴行を受けた妻が被害届を取り下げてすでに和解しているので,これ以上問題にする必要はないともいえる。   ただ,本件は別の次元の問題を提起している。それは,マスメディア報道と三橋本人の言い分が全く違...

  •  0
  •  0

経済評論家の三橋貴明氏逮捕報道で最初に思ったこと

No image

平成30年1月8日     経済評論家の三橋貴明氏が,1月5日,妻に暴行して傷害を負わせた疑いで,警視庁高輪署に逮捕されていたという。   報道によると,三橋は,自宅で妻を転倒させて腕にかみついたり,顔を平手で殴るなどして1週間の怪我を負わせたようである。現時点の報道によれば,傷は顔ではなく腕に負わせたとのことである。   実務上は,かすり傷程度でも1週間の怪我と...

  •  0
  •  0

強い者たちに忖度報道する日本のテレビ・新聞メディア

No image

平成30年1月7日イランの反政府デモ騒動の件で5日,米国の提案で国連の緊急会合が開かれたが,まさか本当にやるとは思わなかった。イランの言い分は,席上,ロシアがすべて語ってくれたようなものなので,それ以上のことを書くことはない。米国の言い分は論評に値しないので,とりあえず無視してもいいだろう。反政府デモが起こったイランでは,当局のデモ終結宣言後もネット接続が制限されているとの報道がなされたが,在日イ...

  •  0
  •  0

イラン反政府暴動に米国が関与している可能性

No image

平成30年1月5日   都内在住の在日イラン人とも少し話しをしたのだが,昨年12月28日にイランで起こった反政府デモの拡大には作為的なものを感じる。   はっきり言うと,イラン政府は,米国に「仕掛けられた」可能性が高い。   イランの国際社会での信頼失墜を狙ったか,混乱に乗じてロウハニ大統領と対立する政治勢力を支援する目的で関与したか,あるいはその両方,が考えられる。 &n...

  •  0
  •  0

2018年欧州情勢が日本に与える影響

No image

平成30年1月3日   欧州(いわゆる西側,EUだけを指すわけではないことは言うまでもない)の情勢が日本に与える影響は,もちろんゼロではないが,貿易問題を除けば,日本の政局,我々日本人の生活に,目に見えた形で何かを及ぼすわけではない。   英国のEU離脱交渉,ドイツやオーストリアの極右の台頭,スペインのカタル―ニャ独立問題,ポーランドやハンガリーなどの反EUの姿勢,など,これら...

  •  0
  •  0

2018年中国の動向が日本に与える影響

No image

平成30年1月2日   2018年中国の動向が日本に与える影響について,簡単に触れたいと思う。   2008年のリーマンショック以来,世界は金融緩和政策に突入した。   まず米国が, 続いて日本が, 次に欧州が, 最後に遅れて中国が金融緩和に踏み切った。   この政策により,中国では株価が暴騰したので,中国政府はこれを抑制するために今度は株価上昇の抑制政策をと...

  •  0
  •  0

2018年国際社会の動向と日本への影響

No image

平成30年1月1日   あけましておめでとうございます。ブログを始めてまだ4ヶ月目ですが,今年も昨年と変わらないご支援をよろしくお願い申し上げます。   今年最初のブログのタイトルは,「2018年国際社会の動向と日本への影響」だが,まずは,米国の動向が与える日本への影響を取り上げなければならない。   米国の政策は,世界全体に与える影響力はもちろん,とりわけ日本への影響は計...

  •  0
  •  0