FC2ブログ

Category: 真相2019  1/2

台風でラグビー中止なら,日本の裁判官はこのように判断するはずだ

No image

2019年10月12日   私を含めて,台風19号のせいで,週末連休の予定が飛んでしまった方は多いと思う。   現在,日本で行われているラグビー・ワールドカップも台風の影響で予定が大幅に狂い,世界的な論争が起ころうとしている。   13日の日本対スコットランド戦が中止になった場合,スコットランドの敗退が決定するが,これに反発するスコットランドが法的措置を検討しているとい...

  •  0
  •  0

主要野党の気概のなさには目を覆うばかりだ

No image

2019年10月9日       今月22日に行われる「即位礼正殿の儀」に,米国政府代表として,日本にとってなじみがほとんどないイレーン・チャオ運輸長官が出席することになった。   トランプに出席を断られ,ナンバー2のペンス副大統領に断われ,結局,ずいぶんな格下が出席することになったものだ。   台湾出身のイレーン・チャオは,実父が江沢民の学友であり,中国政...

  •  0
  •  0

立憲は「れいわ」「共産」との3党連立政権を目指すべきである

No image

2019年10月6日     関電の役員らが,福井県高浜町の元助役だった森山栄治氏から金品を受領していた問題で,   自民党の稲田朋美幹事長代行も,福井県高浜町の元助役だった森山氏から,政治献金を受け取っていたことが判明した。   森山氏からだけではない。稲田は東京電力と沖縄電力以外の電力会社9社,その関連会社や団体から、各々20万以下と少額だが,総額にして112...

  •  0
  •  0

話題のドラマ「チェルノブイリ」から日本の原発政策の是非を考える

No image

2019年10月2日     関電の役員らが福井県高浜町の元助役から金品を受領していた問題で,前回の本ブログでは,刑事事件に発展する可能性が低いことを予測した。   会社法の収賄罪や特別背任罪を問う声も上がっているが,贈賄側の主体が死人であること,「不正の請託」「財産上の損害」を立証するのは容易ではないことが,主な理由である。   では,刑事事件ではなく,大阪の松...

  •  0
  •  0

日本のトップに蔓延する保身隠蔽体質の元凶はやはりあの男にある

No image

2019年9月29日       9月26日,韓国の与党「共に民主党」が作成したという福島第1原発の事故による「放射能汚染マップ」が公表された。   東北6県中,青森県を除く5県が汚染地域として赤いマーカーで記されている。   これについて,27日に菅義偉官房長官が記者会見で,「科学的根拠に基づいた正確な情報を国際社会に丁寧に説明していくとともに、韓国側に対...

  •  0
  •  0

予測通り米国で何の成果も上げられなかった安倍外交

No image

2019年9月26日       9月24日,安倍総理は,イランのロウハニ大統領と米国のニューヨークで約1時間会談した。   8月30日付の時事通信は,「米イラン仲介に意欲 安倍首相」の見出しで,安倍総理の同日横浜市内での記者会見で述べたコメントを伝えていた。   だが,9月25日のNHK朝7時のニュースでは,会談で安倍総理は仲介役などしていない,との政府関係...

  •  0
  •  0

情けない安倍内閣を支える安倍の犬官僚ども

No image

2019年9月23日     安倍総理は,米ニューヨークを訪問し,24日にイランのロウハニ大統領と会談する予定だという。   メディアは,「中東で高まる緊張状態の緩和に向けた橋渡し役が期待される」などと相変わらず忖度報道しているが,安倍氏に橋渡し役など100パーセントできるわけがない。   理由は,山ほどあるが,そもそも会談の順序が逆なのである。   24...

  •  0
  •  0

イラン政府の指示でサウジの石油施設攻撃が行われるわけがない

No image

2019年9月19日     サウジアラビアの石油施設を攻撃した主体については,おおよそ以下の説に分類できる。   イランによる単独攻撃説   イエメンの反政府組織フーシー派による単独攻撃説   イランとフーシー派のタッグによる攻撃説   解任されたボルトンを支持する米内部の強硬派が,イランとの対話を模索し始めているトランプをけん制しようとしている...

  •  0
  •  0

もはやテレビでニュースを見る必要はない

No image

2019年9月17日     9月11日,立憲民主党の福山幹事長は,千葉県を中心とした台風被害が続いている中での内閣改造が行われたことについて,   「(昨年の) 西日本の水害のときに宴会をしていた赤坂自民亭を思い出さざるを得ない」   と述べていたが,この批判手法は効果抜群である。   日本人は過去の腐敗事例を忘れやすい。   忘れやすいから,安倍...

  •  0
  •  0

年内解散総選挙なら安倍与党は大幅議席減間違いなし

No image

2019年9月12日     9月11日に発足した第4次安倍内閣の顔ぶれと自民党執行部の面々をみて,2点思ったことを書く。   1つは,米国との通商交渉協議は完全に決着済みで,(表向きは,交渉が終わったことになっているが,真相はわからない)あとはトランプと安倍氏の書名(儀式)を残すのみとなったことが明らかになった,いうことである。   これまで米国の政府高官らと売...

  •  0
  •  0

今度は日本国民の個人情報まで米国に献上する?安倍政権

No image

2019年9月9日     今回の香港デモの「5大要求」とは関係ないが,中国は2020年までに,社会信用制度なるものを完全に運用することを目指している。   社会信用制度とは,14億人とされる中国人民の学歴,医療の記録,経済力,社会行動を調査・管理して,各人を800点満点でスコア化し,監視していくという制度である。   その狙いは,「国民の品行を標準化し、社会全体...

  •  0
  •  0

評論家にならずに自分のことだけを考えて安倍与党政権を粉砕しなければならない

No image

2019年9月5日       9月4日,香港政府は,「逃亡犯条例改正案」の撤回を表明した。   米中代理戦争の様相を呈している今回の騒ぎは,香港人民の抵抗で,行政が一定の譲歩を迫られる形となり,事態の収束が試みられようとしている。   香港人民から,まだ抵抗は終わっていないと言われそうだが,民主主義が死んでいないことを,ここまででも既に世界に証明したといっ...

  •  0
  •  0

主要野党は本筋を見誤らずに安倍内閣を追い込んでいくべきである

No image

2019年9月1日     昨年12月,私はブログで,申請取次行政書士の立場から,政府による外国人労働者受け入れ拡大政策が,日本を移民国家化することにはならないだろうとの見解を示した。   ただし,この結論は,次の2つの前提条件を満たして初めて説得力を持つ。   1つは,永住要件や帰化審査が厳格であること。   最高裁は,外国人の在留の自由を憲法上の権利と...

  •  0
  •  0

歴史も解釈も捻じ曲げているのは安倍政権の方ではないか

No image

2019年8月29日     8月28日発信の毎日新聞サイトで,非常に気になる記事があったので,以下,引用する。   「河野外務大臣は「日韓間において今、最大の問題は1965年の(日韓請求権)協定に関するもの。もし韓国が歴史を書き換えようとするなら、それは実現できないことを韓国側は理解すべき」と主張した。」(引用終了)   ここまではいいだろう。問題は,損害賠償を含...

  •  2
  •  0

こじれた韓国との関係をこれ以上悪化させない手は残されている

No image

2019年8月26日   8月22日に韓国大統領府が,日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄する,と発表したことを受けて,ある自衛隊幹部が,   「影響は限定的だろう」「日米韓で北朝鮮問題に対応しようという象徴でもあった。そちらの方が問題ではないか」旨述べたことを,同日20時9分配信の時事ドットコムが伝えていたが,   本ブログも同意見である。「影響は限定的」とは...

  •  0
  •  0

立憲と国民民主の統一会派結成は野党分断を加速させる結果となるだけ

No image

2019年8月21日     立憲民主党と国民民主党が衆参両院で統一会派を結成するようだ。   参議院HPによると,会派とは「議院内で活動を共にしようとする議員のグループ」のことで,政党とは「一般的には、政治について同じ意見をもつ人たちが、その意見を実現するためにつくる団体のこと」をいう,と説明されている。   この定義を解釈すれば,「政党は別だが,会派を組む」と...

  •  0
  •  0

立憲が組むべきは「れいわ」であって「国民民主」「N国」ではない

No image

2019年8月19日       N国の幹事長に就任したばかりの上杉隆氏が,次回衆院選の小選挙区289すべてに候補者を擁立して「政権交代を目指す」と吼えているようだが,   参院選が終わった間もない現タイミングで,大風呂敷を広げて強気の姿勢を見せるのは戦略的に失敗であると言わざるをえない。   私がN国の人間なら,衆院選の前まではおとなしくして,それまでは官...

  •  0
  •  0

「恥ずかしくおぞましい」安倍内閣を葬り去らねば日本に未来はない

No image

2019年8月15日     自民党は,「本日(8月15日)、74回目の終戦記念日を迎えました」との切り出しで談話・声明を発表している。主要野党の談話も同様の切り出しだが,事実ではない。   8月15日は,天皇がラジオ放送で「戦争をやめる」と宣言した日というに過ぎない。   正式な終戦日は,降伏調印式が行われた1945年9月2日であり,現に米国側はそのような認識に立...

  •  2
  •  0

NHKは森友問題をお盆特番として報道すべきである

No image

2019年8月11日     前回のブログアップの翌日に,NHKの集金人らしい男が来たが,もちろん完全無視した。   来たのは午後12時半と夕方6時である。夕方の時間はまだ許せるとしても,世間一般的に昼食時の12時半に取り立てに来るとは,どういう神経をしているのか。   集金人に文句を言っても仕方がない。一昨年に本ブログで書いたが,改めてNHKに言っておく。我が家...

  •  0
  •  0

NHK受信料支払い拒否は,この方法しかない

No image

2019年8月7日   8月3日付日刊ゲンダイサイトによると,7月31日,市民団体「NHKを監視・激励する視聴者コミュニティ」共同代表の醍醐聰・東大名誉教授が,東京のNHKを訪問し,広報局幹部らと会い、見解を求めたという。   記事によると,醍醐氏は,NHKに対し,「受信料不払いを他人に勧めることは,法律違反である,とNHKはHPで警告しているが,放送法には受信料の支払義務を課す...

  •  0
  •  0

日本も韓国も政争の具に利用しているだけの輸出規制問題

No image

2019年8月4日     安倍政権による韓国への輸出規制強化について,以前,本ブログでは,   参院選挙の話題から有権者の目をそらすための目くらましであり,さらに, 参議院選挙中に,自民党の右派支持層らを喜ばすために仕掛けたパフォーマンスにすぎないとも指摘した。   元経産省の古賀茂明氏も,週刊プレイボーイの連載で,参院選の選挙パフォである旨の指摘をしているが...

  •  0
  •  0

今さらだが安倍晋三氏には覚悟も責任感もないのが問題だ

No image

2019年7月31日     米国が,ボルトンを日本によこしてまで有志連合軍への参加を求めてきたということは,安倍政権にとってはかなりの圧力になっていると思われる。   以前私は,本ブログで,最終的に日本は参加を見送ることを決めて,米国はそれを許容するのではと憶測した。   また,取引材料として,日本が貿易交渉で米国に大幅譲歩する条件で参加見送りを取り付ける可能性があ...

  •  0
  •  0

吉本だけではない。中小企業ならどこでもやっている法的問題がある

No image

2019年7月27日     吉本興業関連の報道で,今指摘されている問題は,闇営業,吉本のコンプライアンス,政界との不適切な関係,の3点だが,   2点目のコンプライアンス面について言及したい。大小のメディアを問わず,法的に間違った報道が一部なされているので,まずそれを指摘したい。   そもそも吉本と芸人との契約は,労働契約なのか,業務委託契約なのかが問題である。...

  •  0
  •  0

れいわ新選組の台頭から予測する今後の政局の行方

No image

2019年7月25日     今回の参院選は,安倍与党が過半数を制した。 自民党の改選議席は66で,当選したのが57人なので,9議席の減である。他方,公明党は,改選11から3増の14議席を得ており,非改選と合わせると,過去最多に並ぶ28議席となった。 言うまでもなく,国会を支配するのは,過半数を制した勢力である。その意味において,今回参院選の勝利者は,誰がなんと言おうと安...

  •  0
  •  0

選挙権を放棄した国民は安倍政権存続を望んだということである

No image

2019年7月22日あたりまえのことだが,政治家の意思決定は,我々の日常生活,暮らしに直結していく。   候補者の提示する政策を吟味し,誰を,どの政党を選ぶべきかを決めるのは我々国民である。   つまり,選挙権の行使は,本来国民の最大関心事でなければならないはずなのである。   自分の生活に影響が出てくる行事なのに,大の大人が無関心であっていいはずがない。   今回...

  •  0
  •  0

創価学会員は「れいわ」に,無党派層は「立憲」に投票を集中させよ

No image

2019年7月18日     公明党は,自衛隊が海外に出て米国とともに第三国に対して戦争する権利,いわゆる集団的自衛権を是認している。   公明党はHPトップで,「平和の党が金看板 地に足の着いた平和主義で与党をリード」と謳っているが,これは明らかなフェイクである。   彼らは,原発再稼動も消費税増税もTPPプラスもすべて賛成だが,これらはすべて既得権益側を擁護し...

  •  0
  •  0

ウソとハッタリの安倍与党に投票すれば庶民の生活は破壊されていく

No image

2019年7月15日     安倍総理は,14日の街頭演説会で,「この選挙で問われるのは、議論を進める政党を選ぶか全く審議すらしない政党を選ぶかだ」などとこれまでの主張を繰り返していたが,   ハナから憲法論議などまともにやる気がないくせに,ハッタリだけは相変わらず一丁前である。   ハッタリでないというなら,選挙後でいいから,まずは,立憲の枝野代表とガチンコで,...

  •  0
  •  0

兆単位の献上金では済まなくなってきた対米従属日本の運命

No image

2019年7月12日   韓国がF-35Aステルス戦闘機を導入したことを北朝鮮メディアが激しく非難している。   日本も,2017年衆院選の再現よろしく,「朝鮮半島の脅威」とやらを煽って,北朝鮮に同調して韓国を非難すれば喜劇だが,日本政府は不問に付しているようだ。日本も同型のものを100機以上購入しているのだから,えらそうに非難できる立場にはないということか。   それとも...

  •  0
  •  0

いよいよ安倍与党による枝野バッシングが本格化してきた

No image

2019年7月8日参院選の選挙応援演説で,安倍晋三氏が立憲民主党の枝野代表を「民主党の枝野さん」と呼んだ上で,繰り返し同党を攻撃しているようである。   朝日新聞によると,4日と7日の2日間だけで,8箇所の街頭演説でその旨の発言があったとのことである。   このことについて,枝野氏は,8日の会見で,「選挙妨害に当たる」と激怒していたが,相変わらず批判の表現が上品過ぎる。   ...

  •  0
  •  0

令和元年は安倍政権が終わる記念の年になる

No image

2019年7月4日   7月3日に行われた日本記者クラブ主催の党首討論会で,   与党公明党の山口氏が,原発再稼動に賛成との立場を明らかにした。   公明党HPで謳っている「原発に依存しない社会・原発ゼロ社会をめざします」は,完全なフェイクだということを公言したということである。   また,LGBTの法的権利を認めない立場であることも明らかにした。   れい...

  •  0
  •  0

トランプと金正恩未満の信頼関係しか築けない安倍晋三

No image

2019年6月30日     6月29日配信のTBSニュースサイトによれば,サミット議長国の役割は、「世界共通の課題について参加国に議論を促し、結束したメッセージを取りまとめること」らしい。   ところが,首脳宣言となる「大阪宣言」を読むと,   「○○を実現するよう努力する」 「○○の見直しが必要である」 「○○の重要性を強調する」   といった努力目標,...

  •  0
  •  0

トランプの妄言を口実に日本は喜んで日米安保を破棄すればいい

No image

2019年6月27日     「北朝鮮や中国の脅威があるのだから,日米安保の傘の下,米国に従属するのは仕方がない」   多くの日本人がこのように考えているのではないか。だが,この認識は誤りである。   6月26日,トランプは,FOXテレビの電話インタビューで,「もし日本が攻撃されたら、(日米安保があるから)米国は第三次世界大戦を戦う。あらゆる犠牲を払って戦う」 &nbs...

  •  0
  •  0

解散云々で振り回された大メディアと分析なき有識者たち

No image

2019年6月23日 結局,衆院解散はあるのかないのか。   党首討論で,安倍氏は「予測できない」と結論付けていたはずである。   ところが,NHKを筆頭とする大メディアのほとんどが,解散はない,と安倍氏が断言したかのように伝えていた。   明らかなフェイク報道である。   日本の大メディア報道の惨状がよくわかる一例である。   米国の場合は,大メディ...

  •  0
  •  0

年金財政が破綻しているという事実の直視が重要である

No image

2019年6月19日     今週号の週刊ポストが,参院選後に政府が68歳年金支給開始年齢をぶち上げることを憶測し,   週刊現代は,70歳支給開始を政府が画策している,といった記事を掲載しているが,   それらの中身の真偽はともかく,これらの記事の前提となっているのは,年金財政がすでに破綻しているという事実である。   老後生活に最低2千万が必要なのか,...

  •  0
  •  0

タンカー攻撃はイランの反政府組織を使った米国の自作自演の可能性

No image

2019年6月16日     結論から言えば,イラン沖のホルムズ海峡付近で起きた日本などのタンカー二隻を攻撃した黒幕は,米国である可能性が高い。   米国は13日,イランの「革命防衛隊」が,証拠隠滅のために不発の機雷を取り外しているとする録画映像を公開したが,これはやぶへびになってしまった。   今回の事件に米国が関与した状況証拠はいくつかあるが,ここでは1点だけ...

  •  0
  •  0

参院選で安倍与党に打撃を与えることは十分可能だ

No image

2019年6月11日       昨日主要メディアが,「複数の政権幹部」の情報として,衆参ダブル選見送りとの見通しを伝えている。   理由は,政府・与党の支持率が安定しているからということらしい。   安倍政権下で,日本は経済も外交もガタガタになり,ここ数年何一つ成果を上げていない。 成果どころか,日本はあらゆる意味でますます悪くなってきている。  ...

  •  0
  •  0

安倍無能外交の集大成となる6月12日のイラン訪問

No image

2019年6月8日       6月12日から14日に予定されている安倍総理らのイラン訪問については,野党だけでなく,与党の一部からも,野党とは別の理由で疑問の声が上がっている。   一部の与党議員が疑問を呈している理由は,今回のイラン訪問が何の成果も上げられないことが明白だからである。   確かに,成果どころではないだろう。今回のイラン訪問は,これまでの安...

  •  0
  •  0

安倍政権を粉砕するには無党派層の支持が不可欠

No image

2019年6月2日       6月に入ってから,立憲の枝野代表がメディアや街頭演説などで,   「日本政府が,環太平洋連携協定(TPP)以上に,農産物などでトランプ大統領に譲歩したことは明らかである」   「違うなら米政府に明確な形で否定しなければならない。それがない以上、密約があったとの前提で選挙の争点にせざるを得ない」と強調しているが,   こ...

  •  0
  •  0

自民党広報機関のNHKは犯罪報道も最低最悪である

No image

2019年5月31日     前々回の当ブログで,安倍晋三氏は,結局米国に4兆9000億円を差し出すことになるだろうと予測したが,武器購入だけで,すでに兆単位の支出になっていることが伝えられている。   これに後日の関税の損失や投資額を加えると,最終的には,当ブログの予測以上の献上金(日本国民の税金)が安倍内閣からトランプ政権に渡ることになると思われる。   それで...

  •  0
  •  0

トランプのツィートで安倍政権は次の国政選挙で倒れる

No image

2019年5月26日     昼間のゴルフで疲れたのか,大相撲千秋楽の観戦に訪れたトランプは,どこか元気がないように見えた。   野次や座布団が飛んでくることを警戒して緊張していたわけではないと思うが,硬い表情の理由は,ゴルフ後に発信したツィートを後悔していたからではないか。   あのツィートは今後大きな問題になるだろう。内容自体はトランプ,米国にとって大したもの...

  •  0
  •  0

旧民主党政権が「悪夢」なら安倍政権は「地獄」

No image

2019年5月23日       5月21日放送のNHKのクローズアップ現代では,認知症気味の女性の高齢者が万引きを繰り返して刑務所にお世話になっている事例を紹介していた。   出先で途中まで観ていたが,興味深い内容だった。   軽度の認知症発症者なら,万引きが犯罪であることはわかっているはずである。それなのに,何故彼女は行為に及んでしまうのか。   ...

  •  0
  •  0

候補者調整がうまくいかなければ野党は討死必至となる

No image

2019年5月20日       安倍内閣の大メディアを利用した日本国民洗脳作戦が着実に成果を挙げている。   今月の各メディアの安倍内閣支持率が上昇している。   20日に公表された1~3月期の国内総生産(GDP)も,大方の専門家の予想に反し,実質で前期比0.5%増だった。   個人的な憶測だが,消費税増税を断行しても,最低賃金引き上げとのセット提...

  •  0
  •  0

イラン外相の訪日は安倍無能外交汚名返上のチャンスとなるか

No image

2019年5月17日     丸山穂高衆院議員が「戦争をしないと北方領土を取り返せない」旨の発言をした問題で,野党各党が責めるのはともかく,自公議員及びこれら政党支持者らが彼を非難する資格などない。   2015年9月,自民党,公明党らの議員は,集団的自衛権を法制化した。   集団的自衛権とは,米国などの同盟国が攻撃されたとき、それを日本への攻撃と見なし、日本が海...

  •  0
  •  0

トランプのほら発言も日本相手だとフェイクではなくなる

No image

2019年5月12日     安倍総理の虚言癖は今や周知・公知の事実,日本国民の常識となっているが,フェイク発言なら米国大統領も負けてはいない。   4月27日の日米首脳会談後に,トランプがウィスコンシン州の集会で,安倍総理が日本円で約4兆4600億円の対米投資を約束したと述べていたが,どうやらフェイクのようである。   今年1月21日付の米ワシントンポストによる...

  •  0
  •  0

「悪夢」の安倍与党政権を国民は沈没させなければならない

No image

2019年5月9日       「麻生太郎が安倍総理の私邸を訪れた際に,衆参ダブルを安倍氏に進言した」と甘利明が暴露するなど,日に日に衆参ダブル実施の可能性が高まってきた。   5月4日付の時事通信の見出しに,「立憲、野党共闘路線へシフト=衆参同日選にらみ」とあったので,何事かと記事を読んでみれば,何のことはない,候補者調整を1人区だけにこだわらないと枝野代表が言っ...

  •  0
  •  0

米国のやらせに利用されている拉致被害者家族

No image

2019年5月6日     5月3日,拉致被害者家族の横田めぐみさんと田口八重子さんの親族が,米国の首都ワシントンでNSC=国家安全保障会議の政府高官と面会し,   拉致被害者が帰国するまで北朝鮮に対する経済制裁を緩和しないよう要請したという。   ところが,安倍総理は,5月3日付産経新聞のインタビューで,「前提条件なしで金委員長と会い、率直に、また虚心坦...

  •  0
  •  0

日本国民に何の利益も与えないGW税金5億円外遊

No image

2019年4月30日       新天皇の即位で,5月1日から日本は令和時代に突入するが,日本国民は気持ちも新たにして,政治・行政の刷新に覚醒しなければならない。   テレビ朝日の世論調査によると,衆参ダブル選挙について,54パーセントが「やってもいい」と答えたという。   二階幹事長でさえ,訪問先の北京で同行の記者団に対し、「国民の信を問わなければいけない...

  •  0
  •  0

立憲枝野代表がブレなければ与党を追い込める

No image

2019年4月27日     4月13日の朝鮮中央通信によると,金正恩が,日本円で2億2400万円の教育援助費と奨学金を在日本朝鮮人総連合会に送ったという。   何でも「故金日成主席の誕生から107年周年に際し、在日同胞子女の民主主義民族教育のため」とのことである。   国民の年間平均収入が1000~2000ドル(デイリーNK JAPANより)の北朝鮮で,2億40...

  •  0
  •  0

選挙に行かない国民半数の無党派層と各野党に提言したい

No image

2019年4月22日       予想通り,平成最後の統一地方選が盛り上がらないまま終焉したが,全国的にこれほどまでに投票率が低下するとは思わなかった。   総務省の発表によれば,4月7日投開票の統一地方選前半戦の平均投票率は散々な数字だったが,   21日、22日に投開票された今回の統一地方選後半戦の市区町村長選、市区町村議選の平均投票率も   市...

  •  0
  •  0

日本の将来を考えるなら安倍与党政権に退陣してもらわないと困る

No image

2019年4月19日4月21日に投開票される統一地方選後半が盛り上がっていない。   理由は,町村長選挙で4割が無投票になるなど,有権者が「これは」という人材をそもそも求めていない,   地方レベルでは,与党野党の掲げる政策,公約にたいした違いがない,   マスメディアが積極的に取り上げないので,国民的関心事になっていない   などが挙げられるのではないか。 &nbs...

  •  0
  •  0